fc2ブログ

天空景25、マラッカ マレーシア 2013

天空景26、マラッカ マレーシア 2013

Spherescapes 25, Melaka, Malaysia 2013

 写真って何なのか、答えは人それぞれだと思います。僕の場合は昔から外部記憶装置だと思っていたのですが、最近、それはちょっと違うかな、と。思い出の反芻装置という方が正確かもしれません。他人の写真だと共感装置。ちなみに、ここに載せている写真は全部、撮影した時の状況や自分の気持ちなんかを思い出させるものばかりです。

 人の撮った写真で共感できるものって、必ずしも写真としての良し悪しと相関があるわけでは無いんですよね。ツイッター(X)とかのアート写真系のアカウントには「これはすごい」と思う写真がたくさんポストされいます。でもまた見たいかと問われれば、?な場合が多いし、記憶にも残らない。かと思うと、ちょっと難ありかなと思う写真がすごく心に残ったりする。

 この違いが何なのかが分かったら、自分のための反芻装置から他人に思いを伝える共感装置に昇華させることができるのかなと思っています。写真機は、ちゃんと写れば何でもよいわけで、この写真を撮った写真機とレンズの組み合わせはとっても堅実です。難点は、体力的に重く感じ始めたこと。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

tag : マレーシアマラッカNikonD80024-120mm

光景43、羽田空港、日本、2015

光景43、羽田空港、日本、2015

Scenes 43, Haneda Airport, Japan 2015

 福岡に移動する妻を見送りに羽田空港まで行ったのは、もう8年半前のことです。19時過ぎの展望デッキに人影はなくイルミネーションが綺麗でした。東京で母の四十九日を済ませた後のことです。

 この写真のファイル番号は80。ということはα7IIを買った直後の写真ですね。IIになってIBSが搭載されたので手持ちのライカレンズのデジタル撮影用母艦として購入した写真機です。ということは、これを使い始めて8年半ですか。シャッターレリーズボタンの感触が嫌とか、撮って出しのJPGの色合いが馴染めないとか、不満はありますが、今でも普通に使っています。この時のレンズは僕よりも年寄りのエルマー50㎜。1995年のドイツ出張の際にケルンからM2と一緒に連れ帰ったレンズです。開放で使うと、物の表面をヌルっとした感じに描写します。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 白黒写真モノクロームSONYα7IILeicaElmar

街景42、クアラルンプール マレーシア 2023

街景42、クアラルンプール マレーシア 2023

Townscapes 42, Kuala Lumpur, Malaysia 2023

 マレーシアの首都、クアラルンプールをご存じでしょうか?僕の知る限り初めて訪れた日本の方は、一様に驚かれます。大都会だ、と。世界第2位の高層ビルが竣工したという話は以前しましたが、それ以外にも高層コンドミニアムやオフィスビルが立ち並び、現在も多くのビルが建設中です。無機質なビルばかりが増えるのは、個人的にはちょっとどうかな、とは思います。ビルの合間で、雲もなんか窮屈そうに見えます。

 タムロンの28-200mmは久々の登場ですね。昨年10月以来。このレンズ、明るくて軽くて良く寄れて、何よりシャープ。42MP機を使っていると、時々、新規導入の20-40㎜の解像に「あれ?」っと思うことがあるのですが、この28-200をベンチマークにしているからなんですね。20-40㎜も決して悪いレンズじゃないです。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプールSONYα7RIITAMRON28-200mmA071

街景41、スリ・ドッダ・ガナパティ寺、ベンガルール インド 2023

街景41、スリ・ドッダ・ガナパティ寺、ベンガルール インド 2023

Townscapes 41, Shri Dodda Ganapathi Temple, Bengaluru, India, 2023

 昨年末、初めてインドを訪問しました。ヒンズー教の本場で念願のガネーシャガナパティ:ゾウの頭を持った神様)のお寺にお参りすることができました。人々は信心深く、熱心にお祈りしている姿が印象的でした。ガネーシャは災いをの取り除いてくれると信じられていて、他の神様を信仰するヒンズー教徒もまず最初にガネーシャにお参りすると言われます。年明けから災厄に見舞われた日本にもご利益がありますように。

 タムロンの20-40mmはいろいろな物を柔らかく描写してくれます。この場面も明暗差が大きかったのでちょっと心配しましたが、良い塩梅に光景を掬い取ってくれました。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : インドベンガルールガナパティガネーシャ白黒写真モノクローム

最新コメント

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

プロフィール

Kanao

Author:Kanao
何度でも見返したくなるような写真を撮れるようになりたいと願っています。

好きな写真家は、Edouard BoubatSarah MoonHenri Cartier-BressonJeanloup Sieff、岩合光昭、Mary Ellen Mark、ハナブサ・リュウ、Edward Weston など。

リンクしていただける方はご自由にどうぞ。ご一報いただけると嬉しいです。なお、過去にトラブルを経験しており「相互リンク」のお約束はしておりません。


にほんブログ村に登録しております。PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ
リンク
カレンダー
12 | 2024/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる