fc2ブログ

光景27、Temple of Fine Arts, ペナン、マレーシア 2003

光景27、Temple of Fine Arts, ペナン、マレーシア 2003

Scenes 27, Temple of Fine Arts, Penang, Malaysia 2003


 Temple of Fine Arts は芸術活動、特に舞台に力を入れているヒンズー教のお寺です。この時は許可をもらって写真を撮らせていただきました。暗い舞台なので決めポーズの止まった瞬間でないとシャープな写真は難しい。この写真を撮った20年前では、特に素人にも手が出る撮影機材ではことさら厳しかったですね。そんな中でも何枚かはそこそこシャープな写真があるのですが、20年間経った今見直してみると、別な写真が急に面白く見えてきます。あまりの暗さに開き直ってシャッタースピード3秒で撮った一枚。

 レンズはタムロンの少し変わったレンジのズームレンズ。結構気に入っていたのですが、やはりデジタル以前の設計で、特にAFがかなり怪しかったこともあり手放してしまいました。手放して後悔しているレンズの一つです。

 「好きな写真」がテーマの本ブログ。自分の写真に限るわけではありません。というより、むしろ他の方々が撮った写真を紹介したいところなんですが、著作権の問題で難しいですね。ですので、本ブログのリンクは、コミュニケーションツールというより、むしろ好きな写真をご紹介したいという趣旨で設置しております。

 今回、Age of Pen、Hamaview (横浜風景)、ココア、SOMEWHERE BEFORE、写真と歩く Photo Walk、をリンクに加えさせていただきました。普段、僕が巡回しているブログのごく一部です。リンクフリーと書かれているブログは、特に断りなくリンクさせていただきました。悪しからずご了承下さい。ほかにも素敵な写真ブログはたくさんありますので、また、いずれ。。。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : モノクロ
ジャンル : 写真

tag : マレーシアペナンNikonD100TAMRON24-135

街景31、クアラルンプール、マレーシア 2012

街景31、クアラルンプール、マレーシア 2012b

Townscapes, Kuala Lumpur, Malaysia 2012


 マレーシアは明日、明後日(月曜日、火曜日)が中国正月でお休みなので4連休です。

 さて、今回の写真はクアラルンプールのホテルで撮ったものです。マレーシアのリゾートにあるホテルはエントランスやロビーがとても広くて開放的なものが多いです。ここのロビーはそのまま中庭に通じていて、大きな開口から噴水が見えています。光の廻り方が綺麗だな、と。

 この写真を撮ったのは12年ほど前になりますが、このころのお気に入りの写真はGXRで撮ったものが多いですね。小型軽量なので、それだけ持ち歩く機会が多かったのかなと思います。フォクトレンダーの25㎜は換算38㎜程度となり、スナップには良い感じの画角です。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプールRICOHGXRVoigtländer25㎜

練習7:正月の花飾り 2023年1月

練習7:正月の花飾り 2023年1月B

Studies 7, New Year Celebration, Tokyo, Japan 2023


 妻が正月飾りに生けた花の写真を撮ってみました。花瓶は28年前にアムステルダムに出張した際に買い求めたロイヤルデルフトのもの。ロイヤルデルフトと言えばデルフト・ブルーと呼ばれる藍色が有名ですが、こちらはちょっと変わっていて緑色の絵付けです。先週の人形とは逆に花瓶の照り返し部を除いて諧調をトバさないように撮影してみました。

 メインの花は、実は黄色です。黄色と赤の花って、撮影が難しいんですよね。赤はすぐ飽和してしまうし、黄色は明度が足りなくなることが多い。その理由は、赤/緑/青をしっかり分離できる撮像素子に比べて、人の赤と緑を感じる錐体細胞の波長感度特性が近いからではないかと思ってます。下図(著作権の問題があるので、いろいろなデータをもとに自作しました)のように、人の目は本来の赤を感じるには十分な感度がないため暗く感じ、黄色は赤と緑の視神経がダブルで感じるので眩しく感じる。この人間の感じ方をモニターやプリントで表現したりするのが難しい訳で、これって科学的に普遍性のある問題ではないんですよね。この図から、なぜ赤と青を混ぜると紫色に見えるのかも分かりますね。この混ぜ物が紫色に見えるのも人間の視神経のなせる業で、別に光の波長が短くなるわけではない。。。

撮像素子と目の感度特性

 アポ・ズミクロン兄弟の中ではあまり人気が無い75㎜。開放のF2で撮影です。最短距離まで寄りましたが、近距離は補正フローティング機構のおかげか、画像が破綻する様子はないですね。もっとも、軋むようなピントとは対極にある柔らかいピントです。このフローティング機構って、確かニッコール24㎜ F2.8で採用されたのが初めだったような。その24㎜、学生時代にバイト代をはたいて購入したのを懐かしく思い出しました。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : SONYα7IILeicaAPO-SUMMICRON75mm

練習6:人形 2022年12月

練習6:人形

Studies 6, Doll, Tokyo, Japan


 人形の写真を紹介するのは初めてですね。30年ほど前に僕のお絵描き用モデルとして我が家にやってきたクララちゃんです。こういう白一色の服は描くのがとても難しい。写真もライティングと露出の決定がポイントになると思います。窓から入ってくる朝の間接光がきれいだったので、ちょっとポーズをとってもらい、露出はブラケッティングで。服のハイエストライトをトバシ気味にしたかったので、M9Pの自動露出で+0.5のコマを選んでみました。

 お猫様もそうなんですが、人形の撮影にあたっては、基本的にポートレートを撮る感覚で臨んでいます。で、最終的に僕と相手の関係性が写っているように感じるものを選択します。カタログみたいにただ綺麗に写っている写真は選択しづらい。あくまで自分の感覚基準ですが、ボケていても、ブレていても、露出が少々おかしくても、前者を選びます。

 年末年始の日本一時帰国の相棒には M9P と α7II を選びました。レンズは SKOPAR 25mm、Summaron 35mm、SUMMICRON 50mm、 NOKTON 50mm、APO-SUMMICRON 75mm, TAMRON 28-200。もうちょっと絞れば良いのにねぇ。。。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : モノクロ
ジャンル : 写真

tag : 人形LeicaM9-PSUMMICRON50mm

風景21、キナバル山、マレーシア、2014年

風景21、キナバル山、マレーシア、2014年

Landscapes 21, Kuala Lumpur, Malaysia, 2021


 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 新年に相応しい高山、マレーシアの最高峰、キナバル山(標高 4095.2 m)のサウスピーク(3900 m)です。メインピークは別にあるのですが、サウスピークの形が良いためか、キナバル山の紹介記事に良く出てきます。

 小型軽量のニコン1は山登りの良い相棒です。10-100 mm (換算 27-270 ㎜)レンズは無事2回目の修理から帰ってきて、現役で活躍してくれています。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : マレーシアキナバル山NikonV110-100mm

最新コメント

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

プロフィール

Kanao

Author:Kanao
何度でも見返したくなるような写真を撮れるようになりたいと願っています。

好きな写真家は、Edouard BoubatSarah MoonHenri Cartier-BressonJeanloup Sieff、岩合光昭、Mary Ellen Mark、ハナブサ・リュウ、Edward Weston など。

リンクしていただける方はご自由にどうぞ。ご一報いただけると嬉しいです。なお、過去にトラブルを経験しており「相互リンク」のお約束はしておりません。


にほんブログ村に登録しております。PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ
リンク
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる