fc2ブログ

お猫様20 クアラルンプール、マレーシア 2022

お猫様20 クアラルンプール、マレーシア 2022

Cats 20, Kuala Lumpur, Malaysia 2022
©wankana.com
Leica M Monochrome + Elmar f = 5 cm 1:2,8 M mount

 最近の写真が続きます。ちょっとメンタルに弱っていて、過去の写真を収めているハードディスクドライブを彷徨い歩く気力が湧かないのです。

 食料の買い出しのために使った鉄道の最寄り駅で佇むお様。写真機を向けても「ふん、撮るなら撮れば」みたいな感じ。この図太さはすごい。時には改札口の真ん前で身づくろいしていたりして、人が避けて通っています。日本なら、邪魔だと駅員につまみ出されるか、「駅長」に祭り上げられるか。ここではそのどちらでもなく、普通に住み着くことを認められています。食事にも困っていないようですね。

 コダック製モノクロ専用CCD搭載の M Monochromeに60年以上前に製造されたエルマー。このレンズも柔らか描写なので少々無理に諧調を出しています。絞り開放での撮影なので、髭の部分などを見ると、柔らかくにじんだ描写。お様の撮影では柔らかさが程よい感じ。このままF8ぐらいまで絞ると、すごく繊細な解像を見せる不思議なレンズです。球面収差補正不足型なのかなとも思いますが、その割には後ろボケが二重ボケっぽくていまいち。開放で使うなら、背景にうるさい物を写しこまないのが〇。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプールネコねこLeicaM-MonochromeElmar50mm

天空景11、クアラルンプール、マレーシア 2021

天空景11、クアラルンプール、マレーシア 2022

Spherescapte 11, Kuala Lumpur, Malaysia 2021
©wankana.com
Leica M Monochrome + Summaron f = 3,5 cm 1:3,5 M mount

 比較的最近の写真から。昨年大みそかに撮った写真です。ここ2年間ほどコロナ禍の影響で、自宅を含め職場から半径5㎞以内で生活しています。唯一の例外が昨年9月の日本への一時帰国。したがって、撮影対象も限られてきます。そんな中で、空は毎日違う姿を見せてくれるので、つい写真機を向けることになります。

 マレーシアは常夏の国ですので、大みそかでも蒸し暑い。ちょっと高度が高いようにも思いますが、この雲は乱層雲でしょうか。夕立を落とすだけ落として、切れ切れになりつつある。新しく建てられたピシっとした建物と、自然の自由な造形の対比が面白いなぁと。

 コダック製モノクロ専用CCD搭載の M Monochrome。かつてライカM2にトライXを詰めて撮影していたような気分で持ち出したのですが、どうもトーンの出方が思っていたのと違う。元々眠い描写のズマロンと相まってフラットな画像になりがちで、使いこなしに苦戦しています。トーンは十分にあるのですが、単にコントラストを上げただけでは暗部が眠い感じ。トーンカーブをいじらないと思ったような画にならない。白飛びはしていないので、次はプラス補正気味にして撮影してみようかな。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプールLeicaM-MonochromeSummaron35mm

天空景10、トリノ、イタリア 2013

天空景10、トリノ、イタリア 2013

Spherescapte, Trajectory II, Torino, Italy 2013
©wankana.com
Nikon 1 V1, 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6

 トリノで撮った飛行機雲です。やはり、日本やマレーシアとは空気が違う感じですね。新型コロナの影響で身動きが取れないせいか、こんな写真を見ていると、なんか突き動かされる感じがします。早く、写真機片手にいろいろな所を彷徨い歩きたい。

 一昨年の9月に、自分で撮った写真の中からお気に入りを紹介するのを始めて、今回で135枚目です。お付き合いいただき、ありがとうございます。この活動のおかげで、「あの写真何処だっけな」と言いながら数万枚に及ぶ写真の海を泳ぎまわる無駄な時間を大分減らすことができるようになりました。また、選んだ写真は、オリジナルのサイズの物を別ドライブにバックアップしていますので、元のドライブ(これも二重にバックアップしてますが)が突然死しても大丈夫という安心感もあります。

 V1と便利ズームの組み合わせ。手のひらサイズで換算27-270 mm をカバーしてくれます。仕事での旅では本当に重宝します。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

tag : イタリアトリノNikonV110-100mm

ポートフォリオ No. 9: 天空景 No. 1-9

ポートフォリオ No. 9: 天空景 No. 1-9

Portfolio No.9 Sperescapes No. 1-9
©wankana.com


 ポートフォリオNo9 天空景の写真が9枚になったのを失念しておりました、コンタクトプリントの形で1-9枚目をまとめておきます。各記事には左の PF9:Spherescapes からアクセスできます。
 
 ↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

お猫様19 クアラルンプール、マレーシア 2011

お猫様19 クアラルンプール、マレーシア 2011

Cat No. 19, Kuala Lumpur, Malaysia, 2011
©wankana.com
RICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer COLOR SKOPAR 25mm F4P with LH-2

 綺麗な子でしょう?職場のお様。男の子(野良)です。すごく整ったトラ模様で、性格はおっとりで、手足が大きくて力強い感じだったので勝手に「マックス」と呼んでました。でもおっとりした性格が災いしたのか、社会では不遇だったようで、ある日、片目に喧嘩によるものと思われる大けがをしていて、その後どんどん元気をなくし、ある日を境に姿を消しました。シロタビといい、ソフィアといい、お気に入りのお様がどんどんいなくなってしまう。。。

 マックスの視線、ちょっと上を見てますね。写真機のレンズじゃなくて。これって、背面モニターを見ながら撮影している僕を見ているわけです。ちょっと優しい感じの視線で。マックスと僕の繋がりが感じられるでしょう?これって実は、フィルム時代の人物写真でも見られる現象なんです。ローライコードとか、ハッセルブラッドとか、ウエストレベルファインダーの写真機で撮影した場合に。

 プロのモデルとか、あるいは撮影者との関係が薄い人とかなら、撮影者ではなくてレンズを見ると思うんですね。たとえ写真機がハッセルだったとしても。でも、モデルと撮影者との関係がそういうドライな関係ではない場合、レンズより、その写真機を上からのぞいている撮影者を見るわけです。そうすると、この写真みたいに、視線が少し上になる。なんか、暖かい写真だと思いませんか?ライカとかニコンみたいなアイレベルファインダーでは経験できない味がそこにはあります。

 個人的には、ウェストレベルファインダーのデジタル写真機が出てこないかな、と、思ってます。

  ↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マレーシアネコねこRICOHGXRVoigtländer25㎜

ポートフォリオ No. 6: お猫様 No. 10-18

ポートフォリオ No. 6: お猫様 No. 10-18

Portfolio No.6 Cats No. 10-18
©wankana.com


 ポートフォリオNo6 お猫様の写真が18枚になったのを失念しておりました、コンタクトプリントの形で10-18枚目をまとめておきます。まとめてみることで、何らかの一貫性のようなものを感じていただければいいなと。各記事には左の PF6: Cats からアクセスできます。

 僕にとってお猫様は重要な存在ですが、単に可愛い・綺麗というだけではない、僕とお猫様の関係のようなものが写っていると良いのですが。

 ↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : ネコねこ

最新コメント

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

プロフィール

Kanao

Author:Kanao
何度でも見返したくなるような写真を撮れるようになりたいと願っています。

好きな写真家は、Edouard BoubatSarah MoonHenri Cartier-BressonJeanloup Sieff、岩合光昭、Mary Ellen Mark、ハナブサ・リュウ、Edward Weston など。

リンクしていただける方はご自由にどうぞ。ご一報いただけると嬉しいです。なお、過去にトラブルを経験しており「相互リンク」のお約束はしておりません。


にほんブログ村に登録しております。PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる