fc2ブログ

ミドリカラスモドキ、クアラルンプール、マレーシア 2021

ミドリカラスモドキ、クアラルンプール、マレーシア 2021

Philippine Glossy Starling, Kuala Lumpur, Malaysia 2021
©wankana.com
Nikon 1 V2 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6


 ロックダウン中に自宅の窓から撮影した鳥写真をもう1枚。ミドリカラスモドキというムクドリ科の鳥です。日本で見かけるムクドリよりやや小さく20㎝ほど、集団でギャアギャアとお騒がしいのは共通してます。やや緑がかった黒い光沢のある羽根に不透明な赤い目、少々不気味な外観です。幼鳥時は、胸から腹にかけて白地に黒の縦じまが入り、不気味さに拍車が、、、

 ということで、今まで、この鳥はちょっと苦手だったのです。しかし、今回、間近で観察する機会に恵まれて、いろいろ印象が変わりました。土砂降りの中、ずぶ濡れになりながらヤシの実を食べていたり、カップルなのか、もいだ実をプレゼントしていたり、、、理解が進むと好意的な目で見ることができるようになりますね。

 写真のヤシは、マッカーサー・パームと呼ばれる園芸用に人気のあるもののようです。油がたっぷり入っているでしょうから、栄養価は高そうですね。普通のヤシよりずっと小粒の実なので、このような小鳥でも飲み込むことができます。ちなみに、このヤシを食べにくる鳥は、テレワークの合間に観察できた範囲で、前回紹介のコアオバト、今回のミドリカラスモドキ、コウライウグイス、ハッカの仲間(同定困難、九官鳥の親戚)、などでした。コウライウグイスの写真もあるのですが、まだ、自分の中で消化し(絞り)きれていないので、また、いずれ。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプールNikonV270-300mm

コアオバト、クアラルンプール、マレーシア 2021

コアオバト、クアラルンプール、マレーシア 2021

Pink-necked Green-Pigeon, Kuala Lumpur, Malaysia 2021
©wankana.com
Nikon 1 V2 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6


 カラー写真を続けます。たまには最近の写真ということで、今年3月撮影のコアオバト。東南アジアに分布するカラフルな鳩です。奥の全身緑色なのが♀、手前のピンクっぽい頭でオレンジの胸をしたのが♂です。夫婦仲良く、たいていつがいで行動しています。小首をかしげて、なんか、可愛いですね。

 今年3月は、クアラルンプールがCOVID-19 の影響でロックダウンに入ってちょうど1年間経ったころ。この1年3か月ほど、ロックダウンは状況に応じて厳しくなったり緩くなったり。今もですが、今年3月は厳しくて、出勤も許されず、コンドミニアムの自室にこもる生活でした。自室の窓の外に小さな実をつけるヤシの木があるのですが、それを食べにくる鳥が居ることに気づき、窓越しに撮影した次第。窓を開けると逃げてしまうのでガラス越しですが、まぁまぁ上手く撮れました。

 なおマレーシアのロックダウン、最新の規制では禁止事項の具体例として「屋外での写真撮影」が加わっており、見つかれば、逮捕・監禁される可能性すらあります。実際、昨年は公園で鳥を撮影していた日本人が逮捕されて新聞で実名をさらされたそうです。そんな中で生活していると、「長い自粛でストレスが」とか言ってやりたい放題やっている人も居る日本って、緩いなぁ、と、思います。

 ニコン1のスーパーレンズ、再度登場です。片手に収まるサイズで換算810mm。今回はボディがV2だったので、前回紹介した時よりは少しマシな画質かな、と。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプールNikonV21NIKKOR70-300mm

ポートフォリオ No. 7: 鳥 No. 1-9

ポートフォリオ No. 7: 鳥 No. 1-9

Portfolio No.7 Birds No. 1-9
©wankana.com


 ポートフォリオNo7 鳥の写真が9枚になりましたので、コンタクトプリントの形でまとめておきます。各記事には左の PF7: Birds からアクセスできます。

 ↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

セキンチャン、セランゴール、マレーシア 2018

セキンチャン、セランゴール、マレーシア 2018

Sekinchan, Selangor, Malaysia 2018
©wankana.com
Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


 セキンチャンマレーシア最大の米どころです。写真は2018年6月ですから、ちょうど今頃の季節ですね。セキンチャンが位置するセランゴール州は、首都であるクアラルンプール特別行政区を取り囲んでいます。良く、高級磁器ウェッジ・ウッドなどと並んで販売されている、ピューター(スズ製品)のブランドである「ロイヤル・セランゴール」のセランゴールです。

 知り合いの実家がセキンチャンとのことで、案内してもらいました。地平線まで広がる果てしない田んぼが広がっていて、場所によって刈り取り済みだったり、たわわに稲が実っていたり。多毛作なのでいろいろな状態でした。田んぼの中にヤシの木が生えていたりして、日本の稲作地帯とはずいぶん雰囲気が違いますね。

 ちなみに、コンクリート造りの建物は、中華料理で有名な「ツバメの巣」を取るためのものです。岩場の洞窟に似せた作りとなっていて、近づくと、アマツバメの鳴き声をスピーカーで流していました。アマツバメを誘い込んで巣を作らせるのだそうです。ちなみに、「ツバメの巣」はツバメの巣ではなくアナツバメ(ツバメとは縁遠いアマツバメの一種)の巣で、唾液と羽毛などでできており、海藻を使うというのは俗説とのこと。

 写真を撮る目的で出かける時は、重たいD800を担いでいきます。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : マレーシアセキンチャンNikonD80024-120

リュウキュウツバメ、ペナン、マレーシア 2003

リュウキュウツバメ、ペナン、マレーシア 2003

Pacific Swallow, Penang, Malaysia 2003
©wankana.com
Nikon D100 + AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED + TC-200


 リュウキュウツバメです。日本で良く見かけるツバメに似てますが、尾が燕尾っぽくなく、おなかの色も白くありません。日本でも奄美大島とかだと見られるようです。あまり人を怖がらないのはツバメといっしょ。僕の住んでいたコンドミニアムのベランダから撮影できました。思わず頭をなでたくなる可愛さですね。

 背景が真っ白に飛んでいて、普通の写真なら大失敗なんですが、こういうポスターか何かだと思うと上出来かと。建物の白い壁が左側にあって、白レフの役を果たしてくれているので、陰の部分まで綺麗に光が廻り、目には美しいキャッチライトが、、、本当に偶然の産物でした。

 ガタの来ている古い中古の80-200に父から譲り受けた(飽きたので転がっていた)テレコンバーター。テレコンかませているのでオートフォーカスは無し。言うまでもなく手振れ補正も無し。写真機は、僕が使った一眼レフで最低レベルのファインダー倍率を誇る600万画素のD100 。良く撮れましたね、この写真。そういう意味でも偶然の産物。でもレンズ画質に偶然はあり得ず、やっぱり、このレンズ、良いですね。MTFなんか見ると、現在のレンズとは比較にならないショボい性能のはずなんですが。。。やっぱり、程度の良い中古を見つけたら、買い戻そう!

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : マレーシアペナンNikonD10080-200mmf/2.8Dリュウキュウツバメ

ブーゲンビレア、クアラルンプール、マレーシア 2012

ブーゲンビレア、クアラルンプール、マレーシア 2012

Bougainvillea, Kuala Lumpur, Malaysia 2012
©wankana.com
RICOH GXR MOUNT A12 + 2nd SUMMICRON 1:2/90 E48


 花の写真は苦手なだけで、撮らないわけではないんです。で、ブーゲンビレア。日本でもポピュラーな植物だし、ウンチクは他のサイトでいくらでも見つかると思うので書きません。このコは白基調なのでまだ良いのですが、蛍光色のショッキングピンクのような個体が多く、色の再現がとても難しい花(実は包葉)だと思います。

 新たに、まとまった数にならなそうなカテゴリーの写真を放り込むポートフォリオ、PF99 Miscellaneous を作ってみました。「その他」って感じでしょうか。昔々のクイズ番組では「ノンセクション」とかいう和製英語もありました。。。花とかネイチャー物とか、静物とか、いろいろ入れていきたいと思います。

 この時は珍しくGXRに古いズミクロン90mmを付けて歩いてみたくなって。換算135mmですね。柔らかくて、後ろボケも良い感じです。そういえば、花写真に苦手意識があるのは、必然的にボケの領域が大きくなるからかもしれません。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプールブーゲンビレアRICOHGXRSUMMICRON90mm

太平洋を望む、サンディエゴ、アメリカ 2017

太平洋を望む、サンディエゴ、アメリカ 2017

Pacific Ocean, San Diego, U.S.A.2017
©wankana.com
Leica M9-P + Summaron f = 3,5 cm 1:3,5 M mount


 「ああ、日本は、この海の向こう側だ」と思うと、少し不思議な感じでした。

 自分では意識していなかったのですが、お気に入りを探すために写真を見直していると、妙に海の写真ばかり目につく。自分は山派だという認識があったので、少々意外。海は波の表情があって、思い入れを持ちやすいのかもしれない。

 60年ほど前に製造されたズマロン 35mm。このように光が強烈なシーンでも硬くなり過ぎない。と言うより、こんな状況でもちょっと軟調すぎるので、オレンジフィルターを効かせて、さらに画像処理で少しコントラストを上げた。確かに空気感が写るという感じはする。α7IIとゾナー35mmの組み合わせでは、もっとパキパキの絵になる。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 海のある風景
ジャンル : 写真

tag : アメリカサンディエゴLeicaM9-PSummaron35mm

街景、リヨン、フランス 2009

街景、リヨン、フランス 2009

Townscape, Lyon, France 2009
©wankana.com
RICOH CX1


 このブログで4回目となるフランスリヨンの写真です。仕事の関係で、結構いろいろな国、都市を訪ねているのですが、後で見返してみると、お気に入りの写真はどうしてもいくつかの街に集中しています。リヨンはやっぱり良いですね。こう感じるのは、僕が写真を始めたころ、ブーバ、アッジェ、イジス、ドアノー、ブレッソンといった写真家のフランスの街並みを写した写真を良く見ていたからかもしれません。一種の刷り込みですね。

 このブログを写真ブログとして作り直して、継続的に写真を紹介するようになって10か月目に入りました。当初は、週1枚ペースで一年に50枚強を紹介させていただければと計画していたのですが、毎日のようにご訪問いただける方もいらっしゃり、途中からちょっと無理して週2枚ペースに増やしました。自分である程度納得した写真を週2枚ペースで出すというのは、僕としてはかなり難しい課題です。もちろん、あくまで結構忙しい本業の合間にやっているので、時間的制約の問題もあります。

 このブログを、無理してでも続けて良かったなと思っていることがあります。それはまず、当初の目論見通り、ポートフォリオが整備されつつあることです。「前に撮った写真で結構気に入ってるのがあるんだよな」と漠然と思っていたのが(HDDに埋もれていてすぐには見つからない)、テーマごとに客観的に見直すことができるようになりつつあります。また、他人の目に曝す覚悟で選択するという緊張感は、自分の写真を見直す上で良い方向に働いていると思います。これらのおかげで、意外にも街景にお気に入りが多いことに気付いたのも収穫でした。この方向で、いずれ(現職引退後)もう少し追い込んで撮影していくことで、自分なりの色が出てくると良いな、と、思っています。

 度々登場するリコーの小さな写真機、CX1です。こういう街景スナップには、やはり小さな写真機が向いているように感じます。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : フランスリヨンRICOHリコーCX1

お猫様、クアラルンプール、マレーシア 2019

お猫様、クアラルンプール、マレーシア 2019

Kuala Lumpur, Malaysia 2019
©wankana.com
Nikon COOLPIX W300


 この記事を書くのに「なめ」を調べてみたら、流行ったのが40年近く前であることに気づき、軽くショックを覚えています。若い人は当然、知らないですよね、「なめ」。赤ん坊が何でもしゃぶるように、お様は何でも舐める。苛立った時に自らを落ち着かせるために舐め、口の周りに美味しい油が付いたといっては何時までも舐め、体が汚れた(人に触られた)といっては狂ったように舐める。妻は我が家のお様に、毎朝、「起きろ」と瞼を舐められるそうで、まあ、目を開かせる行為としては正しいのかもしれないけれど、あのヤスリのような舌でやられる方はたまったものではないですね。しかしこのフォルム、背とはよく言ったもので、、、

 僕の紆余曲折の末に行きついたコンパクトデジタルカメラであるクールピクス W300。いろいろ不満はありますが、例え海の中でも、文字通りいつも持ち歩ける写真機という意味で代えがたい。スマホを忘れても、財布を忘れても、これだけは持ち歩くというあたり、自分でも何かおかしいのではないかと思っています。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : ネコねこマレーシアクアラルンプールクールピクスW300

ポートフォリオ No. 3: カラー風景 No. 1-9

ポートフォリオ No. 3: カラー風景 No. 1-9

Portfolio No.3 Color Landscapes No. 1-9
©wankana.com


 ポートフォリオNo.3 カラー風景の写真が9枚になりましたので、コンタクトプリントの形でまとめておきます。各記事には左の PF3: Color Landscapes からアクセスできます。

 ↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

最新コメント

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

プロフィール

Kanao

Author:Kanao
何度でも見返したくなるような写真を撮れるようになりたいと願っています。

好きな写真家は、Edouard BoubatSarah MoonHenri Cartier-BressonJeanloup Sieff、岩合光昭、Mary Ellen Mark、ハナブサ・リュウ、Edward Weston など。

リンクしていただける方はご自由にどうぞ。ご一報いただけると嬉しいです。なお、過去にトラブルを経験しており「相互リンク」のお約束はしておりません。


にほんブログ村に登録しております。PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる