fc2ブログ

バツーフェリンギ、ペナン島、マレーシア 2003


Penang, Malaysia, 2003

Penang, Malaysia, 2003
©wankana.com
Nikon D100 + TAMRON SP AF 24-135mm F/3.5-5.6 AD ASPHERICAL [IF] MACRO


 マレーシアペナン島には1998年の頭から6年間住んでいました。ペナン島の南は工業地帯、東は商業地帯ですが、北のバツーフェリンギ地区はマレーシアでも有数のリゾート地となっています。平日の激務の疲れを癒すため、たまにゆっくりできる週末には、お気に入りのリゾートホテルに部屋を取り、プール際の屋外バーでピナコラーダを頂きながら、のんびりと夕日を眺めたりしたものです。ちなみに、観光客が知らないペナン島の西側はというと、水田地帯と漁村と、マングローブの林になっています。

 僕はわりと心象風景っぽい写真も好きで、その場合は、写真撮影のセオリーを外れるような条件でとにかく数を撮って、その中からイメージを再発見するような手法を取ります。それこそ数百枚撮ってお気に入りの1枚を発見する、みたいな感じです。この1枚は、海辺で夕日に向かって完全逆光の中、シルエットになっている人をいろいろと撮った中から選んだものです。

 Nikon D100 は僕が最初に手にしたデジタル一眼レフ機。デジタル写真機としては3台目でした。D100 は、それまでは高嶺の花だったデジタル一眼レフが一般庶民でもちょっと無理すれば手に入れられるようになった、初めての写真機でした。今から見ればわずか600万画素ですが、衝撃的だったのはそれまでフィルムでは満足して使っていたAFニッコール28-70㎜ではシャープな像が得られなかったこと。で、当時比較的安価な割に評判の良かったタムロンの24-135を入手したのでした。このレンズは僕にとって初めてのタムロンレンズであると同時に、柔らかさの中にちゃんとシャープさもあるというのを経験させてくれた初めてのレンズでもあります。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : こころの風景
ジャンル : 写真

tag : NikonD100Tamron24-135mmペナンマレーシア

ディングル半島、アイルランド 2001


Dingle Peninsula, Ireland, 2001

Dingle Peninsula, Ireland, 2001
©wankana.com
Nikon COOLPIX950


 2001年8月に夏季休暇を取り、アイルランドを旅行しました。東の首都ダブリンから鉄道に乗り西のゴールウェイへ。そこからフェリーでインシュモア島、その後アイルランドの西と南をレンタカーで廻る旅でした。アイルランドは景色の美しい国で、多くの親切な人々に出会いました。途中、天候が悪く十分に楽しめなかった場所も多いので、いつかまた、訪れてみたいと思っています。

 写真はアイルランドの西に位置するディングル半島から小枝のように突き出したインチ・ビーチ(Inch Beach)。ディングル半島はヨーロッパの最西端です。ここは日本でいえば北海道より北、樺太の北の端あたりの緯度ですので、夏でもかなり斜めから陽の光が差します。そのためか、いろいろと景色がドラマチックに見える。対岸の山と間に挟まれた湾の対比を強調するために、望遠レンズで圧縮してみました。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 海のある風景
ジャンル : 写真

tag : COOLPIXE950COOLPIX950クールピクス950950クールピクスディングル半島アイルランド

Miami, USA, 2008


Miami, USA, 2008


Miami, USA, 2008
©wankana.com
Nikon COOLPIX5000


 2008年に国際会議出席のため米国はマイアミを訪ねました。富豪が引退後に余生を送る場所として有名ということで、港には豪華なクルーザーが並び、街中では結構な頻度でロールスロイスとかスーパーカーを見かけました。半面、中南米からの移民も多く、土産物店でも英語が通じなかったりという側面も。徒歩や公共の交通機関で動き回れる範囲は限られ、本格的なビーチに行くにはタクシーが必須。典型的な車社会で、観光もレンタカー利用が前提と感じました。

 会議出席後、知り合いと会食するために港にあるレストランを訪れた際のスナップ。夕暮れ時で良い雰囲気の中、ちょうどよい感じに親子連れが海風を楽しんでいました。最近は肖像権やプライバシーの問題が難しく、スナップ派には厳しい状況ですね。この写真はあくまで風景メインで撮影場所が公共の場であること、場の雰囲気に合う人物に居てほしかっただけで、この特定の親子の容貌を詳細に写し撮った物ではないこと、殊更に個人を特定し、貶めあるいは誹謗中傷すること目的としないこと(むしろ素敵だと賛美しているつもり)、なにより強いシルエット状況で個人の特定は困難であることから、問題ないであろうと判断し、掲載します。

 COOLPIX 950の211万画素ではさすがにつらいと感じ始めた頃、ミノルタからディマージュ7という500万画素のデジタルカメラが発売され、ニコン派の僕は羨ましく見ておりました。その後ニコンから同年末に同じく500万画素の撮像素子を搭載したCOOLPIX 5000が発売されめでたく導入いたしました。今の技術からするとモニターは小さいし、光学式ファインダーはチャチで写る範囲が良くわからず、オートフォーカスはノロいし、やたらに色転びするし、ですが、とにかくレンズが良かった。ズーム範囲はディマージュ7ほど広くないですが、28-85mm相当のニッコールが生み出す絵はどこまで拡大しても解像しており、レンズが素子数に勝っていました。長く愛用した名機です。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : こころの風景
ジャンル : 写真

tag : COOLPIXCOOLPIX5000マイアミ

Kuala Lumpur, Malaysia, 2012


Kuala Lumpur, Malaysia, 2012

Kuala Lumpur, Malaysia, 2012
©wankana.com
RICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer COLOR SKOPAR 25mm F4P with LH-2


 マレーシアでは国民の大半を占めるイスラム教徒が犬に触れる事を避けるので、自然とお猫様天国になる。お猫様は僕の主たる撮影対象の一つですので、これは好都合かなと。お猫様の多くは人懐こく、正直、我が家の長ニャンより懐いてくるほど。撮影にも気軽に応じていただけます。日本みたいに「猫に餌をやるな」というようなことを言う人もなく、多くの人たちがお食事を献上するなどゆるぅく面倒みているので、お猫様たちはどんどん子供を産み、そして消えていきます。それがこの国での自然な感じです。

 リコーからライカMマウントレンズを付けることができる MOUNT A12 がリリースされた時、即、購入しました。平たく言ってしまえば、プアマンズ・ライカとして買ったわけですが、使ってみてその操作性の良さに驚かされました。このあたりのことは、また写真機メインのトピックとして別に書きましょう。レンズはフォクトレンダーブランドの25㎜。僕はフィルム時代にコンタックスT2というゾナー38㎜付きの写真機を使っていたのですが、この画角がスナップ用として性に合っていました。35㎜だとちょっと広すぎるんですよね。イメージャサイズが APS-C の MOUNT A12 では25㎜が1.5倍されてちょうど38㎜相当ぐらいになります。

 スコパー25㎜、フォトヨドバシでは「開放からシャープ」と評価されてますが、周辺は甘く流れもあって、絞ってもイマイチ。APS-Cにクロップされる MOUNT A12 で、まあ、なんとかという感じ。中心も何となく滲んだような線の太い描写が特徴です。このスコパーを手持ちの40年物のニューニッコール24㎜ F2.8 と解像力比べをしたことがありますが、特に周辺部は惨敗でした。でもね、レンズはシャープさだけではない。スコパーの線の太い、ちょっと滲んだような描写でないと、このお猫様の雰囲気は出なかったと思います。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : RICOHGXRA12VoigtländerCOLORSKOPAR25mmねこネコ

私信→claytan 様

すみません、コメント頂いていた記事の場所を移動したつもりが、間違えて消してしまいました。大変、失礼いたしました。今後ともお付き合い頂けると幸いです。よろしくお願いします。

最新コメント

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

プロフィール

Kanao

Author:Kanao
何度でも見返したくなるような写真を撮れるようになりたいと願っています。

好きな写真家は、Edouard BoubatSarah MoonHenri Cartier-BressonJeanloup Sieff、岩合光昭、Mary Ellen Mark、ハナブサ・リュウ、Edward Weston など。

リンクしていただける方はご自由にどうぞ。ご一報いただけると嬉しいです。なお、過去にトラブルを経験しており「相互リンク」のお約束はしておりません。


にほんブログ村に登録しております。PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる