fc2ブログ

街景43、東京 2024

街景43、東京 2024

Townscapes 43, Tokyo, Japan 2024

 昨日撮った写真です。一昨日は東京でも雪が降り、ちょっと寒い日が続いています。バス停から見た町が影絵のようでした。

 ZMのビオゴン35㎜。同じシリーズの50㎜とは大分性格が異なりますね。50㎜のような艶っぽさは無いように感じます。ツアイスもいろいろ。。。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 白黒写真モノクロームLeicaM9-P東京

街景42、クアラルンプール マレーシア 2023

街景42、クアラルンプール マレーシア 2023

Townscapes 42, Kuala Lumpur, Malaysia 2023

 マレーシアの首都、クアラルンプールをご存じでしょうか?僕の知る限り初めて訪れた日本の方は、一様に驚かれます。大都会だ、と。世界第2位の高層ビルが竣工したという話は以前しましたが、それ以外にも高層コンドミニアムやオフィスビルが立ち並び、現在も多くのビルが建設中です。無機質なビルばかりが増えるのは、個人的にはちょっとどうかな、とは思います。ビルの合間で、雲もなんか窮屈そうに見えます。

 タムロンの28-200mmは久々の登場ですね。昨年10月以来。このレンズ、明るくて軽くて良く寄れて、何よりシャープ。42MP機を使っていると、時々、新規導入の20-40㎜の解像に「あれ?」っと思うことがあるのですが、この28-200をベンチマークにしているからなんですね。20-40㎜も決して悪いレンズじゃないです。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプールSONYα7RIITAMRON28-200mmA071

街景41、スリ・ドッダ・ガナパティ寺、ベンガルール インド 2023

街景41、スリ・ドッダ・ガナパティ寺、ベンガルール インド 2023

Townscapes 41, Shri Dodda Ganapathi Temple, Bengaluru, India, 2023

 昨年末、初めてインドを訪問しました。ヒンズー教の本場で念願のガネーシャガナパティ:ゾウの頭を持った神様)のお寺にお参りすることができました。人々は信心深く、熱心にお祈りしている姿が印象的でした。ガネーシャは災いをの取り除いてくれると信じられていて、他の神様を信仰するヒンズー教徒もまず最初にガネーシャにお参りすると言われます。年明けから災厄に見舞われた日本にもご利益がありますように。

 タムロンの20-40mmはいろいろな物を柔らかく描写してくれます。この場面も明暗差が大きかったのでちょっと心配しましたが、良い塩梅に光景を掬い取ってくれました。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : インドベンガルールガナパティガネーシャ白黒写真モノクローム

街景40、ゴールデン、コロラド州 米国 2012

街景40、ゴールデン、コロラド州 米国 2012

Townscapes 40, Golden, Colorado U.S.A. 2012

 ゴールデンの街中、紅葉の進む公園での一コマ。クアーズの醸造所があります。遠くに見える西部劇に出てきそうな山。日本では見ない形ですね。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

街景39、クアラルンプール、マレーシア 2012

街景39、クアラルンプール、マレーシア 2012

Townscapes 39, Kuala Lumpur, Malaysia 2012

 2012年3月の写真から。マレーシアはイスラム教を国教とする国ですので、街中のいたるところでモスクを見ることができます。そんな中でも珍しい立派な門のあるモスクの入り口です。イスラム教は抽象的あるいは幾何学的な美術を発展させた宗教で、その建築物は独特な意匠を持っています。

 久しぶりにリコーGRXで撮影した画像をいじりましたが、やはり扱いやすいですね。モノクロ化したりトーンをいじったりしてもデータの粘り強さを感じます。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプール白黒写真モノクロームRICOHGXRA12Voigtländer25㎜

街景38、福岡 2023

街景38、福岡 2023

Townscapes 38, Fukuoka, Japan 2023


 今回の日本出張では大半を福岡で過ごしました。ホテルから仕事に向かう道すがら、試行錯誤しながら街中をスナップ。9月下旬から急に秋めいてきた気候も手伝ってか、福岡は明るくクリアな印象を強く感じました。気が付くと、人影はおろか看板などの文字も写りこまないような構図の写真ばかり。

 タムロンの 20-40mm F/2.8 Di III VXD 。やはり昔慣れ親しんだ画角である40㎜付近ばかり使ってました。広角のスナップはパースが目立ってしまいがちで、それが有効に働けば良いのですが、なかなか難しいですね。撮像範囲をAPS-Cに切り替えて30-60㎜として使う可能性を考えて7Rの方を持って行ったのですが、そのような使い方は結局しなかったです。今度試してみます。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 福岡白黒写真モノクロームα7RIITAMRON20-40mm

街景37、吉祥寺、東京 2022

街景39、吉祥寺、東京 2022

Townscapes 37, Kichijoji, Tokyo 2022


 吉祥寺駅の北口から北に延びるサンロードの入り口。よくあるアーケードなのだけれど、個人的に思い入れがある。昔、このアーケードの突き当りにハックルベリーという居酒屋があって、サントリーホワイトを市価プラスアルファぐらいで飲むことができた。ホワイトはもともと安いウィスキーなので、バイト学生でもなんとか通える店だった。こうした記憶を書き起こして残すことが、懐かしい店の供養になるのではと思い、記す。ちなみに40年前の話。

 さてズマロン。開放F値に3.5と2.8があるが、新型の2.8より3.5の方が像が安定していると聞いてこちらを入手した。モノコーティングなので強い逆光ではフレアが出てフワフワした描写になるが、夜の街並みなんかでは諧調が広くて良い感じ。α7系のボディーと組み合わせても周辺まで像がしっかりしているのは、最近入手したビオゴンとは違うところ。もちろん最新の最適化の限りを尽くした巨大な製品と解像力勝負をしたら話にならないんでしょうけれど、この程度写れば僕には十分。最新レンズはどんなに気に入っても10年に満たない修理保証期間後に電子部品がやられたらゴミになるけれど、こいつは僕の余命の最後まで付き合ってくれるでしょう。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 白黒写真モノクローム東京吉祥寺

街景36、クアラルンプール、マレーシア 2013

街景36、クアラルンプール、マレーシア 2013

Townscapes 36, Kuala Lumpur, Malaysia 2013


 何度か紹介したマレーシアクアラルンプールのシンボル、ツインタワーです。ちょうど10年前、ご覧のようにすっきりとランドマークとしての威厳を示していますね。周りのビル達はツインタワーに付き従っている感じです。その後10年間で手前にかなりの高層ビルが建ち並び、背景には世界2位となる超高層ビルが建ち、今ではこの光景を見ることができなくなってしまったのは残念なことです。

 この写真を撮る時に使ったのは当時最高の一眼レフとも称されたD800。その後、たった10年間で「まだそんな古い写真機を使ってるんですか」とまで言われるように。何か、このツインタワーと被るものを感じます。D800、何がいけないんですかね。僕は使い続けますよ。オートフォーカスが遅くて秒5コマ連写でも撮ることができる良い写真はたくさんあるわけで。そもそも殆ど連写なんてしませんし。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプールNikonD800

街景35、東京 2013

街景35、東京 2013

Townscapes 35, Tokyo, Japan 2013


 10年前の5月、ちょっとおめでたいことがあった関係で東京に出かけた際、妻への感謝の気持ちを込めて普段よりもかなり良いホテルに泊まりました。その時に客室から撮った写真。上の方に新宿の高層ビル街が小さく見えています。

 飯田ともきさんの「カメラバカにつける薬」をご覧になっている方は結構いらっしゃるんじゃないかと思います。一昨日発表された記事の中で、レンズの開放 F 値 1.7 の話題がありました(連載6周年おめでとうございます!)。記事内のキャラに「聞いたことない」とかひどい言われようで。 前週でも F 1.7 をイジる話題があり、今回の記事ではニッコールちゃんが反論して「そもそも 1.8 がおかしい」発言。その根拠の計算が間違っているのですが(作者も間違っていると明確に書いている)、、、

あれ?その間違った理屈を確認しようと思って今回の記事を今改めて見たら、差し替えられてますね。。。ネタとして書いた間違った根拠が独り歩きするのを恐れたのか、「うちの娘に変なことを言わせるな」と親元からクレームが入ったのか。。。

まあ、いいや。開放F値が 1.7 ってレンズ、過去にもあります。ミノルタの50mm, 85mmとか、パナソニックの20㎜とか、コシナの35㎜とか。パナのは危なかった。これを使いたいがために危うく手持ちマウントの数を増やすところだった。実際コシナのはライカスクリューマウントだったんで行っちゃいましたから。閑話休題。で、ニッコールちゃんが(根拠はともかく)正しくて、1.8 は 2 より 1/3 ステップ明るいのに対して、1.7 は1/2 ステップ明るいので相対的にはキリがいいんですよね、本当は。世の趨勢は 1.8 が多数派なのでそう見えないかもしれませんが。

 ちなみに絞り値は有効桁数2桁で
1ステップなら 0.71, 1.0, 1.4, 2.0...
1/2 ステップだと、0.71, 0.84, 1.0, 1.2, 1.4, 1.7, 2.0...
1/3 ステップだと、0.71, 0.79, 089, 1.0, 1.1, 1.3, 1.4, 1.6, 1.8, 2.0... となるはずです。

 世の中には F2.3, 2.5, 5.0, 6.3 なんてレンズもありますが、これは 1/3ステップ族なんですね。超大口径レンズとし F0.95 なんてのもちらほら見ますが、明るさという意味では 1/3 ステップの差もなく、F1.0とほとんど変わらないということになります。

 この写真のタムロンズーム、APS-C 用なんですが、15㎜以上のレンジならフルフレームでもケラレないという情報を得て使ってみました。さすがに周辺画質がかなりアレなのでフォクトレンダーの 15mm 入手でサヨナラしましたが、今、こうしてみてみると、周辺部の弱さも「アジ」って感じがします。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 東京NikonD80015mm白黒写真モノクローム

街景34、クアラルンプール、マレーシア 2021

街景34、クアラルンプール、マレーシア 2021

Townscapes 34, Kuala Lumpur, Malaysia 2021


 マレーシア政府は「財政が厳しい」というのですが、この旺盛な公共投資を見ていると、とても俄かには信じられない。首都クアラルンプールではあらゆる場所で道路工事が進み、360°どちらを向いても高層ビル建設のクレーンが見えます。高さが世界第2位となった超高層ビルも竣工したばかり。写真の道路も昼間の渋滞を解消するために上に二層構造となるバイパス路を建設中。

 先週、「写真好きな自分は『ある程度ちゃんと写れば何でもよい』・・・『ある程度』ってのは『デジタル以前のネオパンSSSとかトライX程度の画質・・・』」ってなことを書きました。そしてそれが「デジタルで言うなら『10Mピクセルとか16Mピクセルでちゃんと写れば』」とも。

 一応根拠があるんです。今をさかのぼること25年ほど前、デジタルカメラが世に登場したころ、どの程度の画素数があれば135銀塩フィルムシステムを代替できるか考えたことがあったのです。あくまで解像度の話ですが。当時のレンズ、1㎜あたり100本程度解像すればかなり良いレンズと考えられていたので、50本ぐらいを前提にしようと。コダックのトライXの解像度が 70 Line-pair/mm だそうなので、まあ良い線かなと。50本の線を解像するには白と黒がペアで50組なので、1㎜あたり100画素必要。135フィルムの画面サイズが24㎜x36㎜ですからこれに100x100画素をかけて8.6 Mピクセル。斜め方向にも解像度を保証するには√2をかける必要があって、その二乗で2をかけて17.2 Mピクセルあれば良いかなと。

 そもそも、トライXと言うフィルムは相当に優秀だったわけで、それ以前の性能の低いフィルムで撮影された多くの名作は、今も名作であることに変わりはないわけでして。自分の目指すところが駅に貼るポスター用写真とかではなく、こういった過去の名作と呼ばれる写真たちなので、10-18Mピクセルもあれば良いかな、と考えた次第。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : マレーシアクアラルンプールNikonCOOLPIXW300白黒写真モノクロ写真モノクロームクールピクス

最新コメント

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

プロフィール

Kanao

Author:Kanao
何度でも見返したくなるような写真を撮れるようになりたいと願っています。

好きな写真家は、Edouard BoubatSarah MoonHenri Cartier-BressonJeanloup Sieff、岩合光昭、Mary Ellen Mark、ハナブサ・リュウ、Edward Weston など。

リンクしていただける方はご自由にどうぞ。ご一報いただけると嬉しいです。なお、過去にトラブルを経験しており「相互リンク」のお約束はしておりません。


にほんブログ村に登録しております。PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる