fc2ブログ

カラー風景24、キナバル山、サバ州マレーシア、2023年

カラー風景24、キナバル山、サバ州マレーシア、2023年

Color landscapes 24, Mount Kinabalu, Sabah, Malaysia 2023


 にほんブログ村には白黒写真のブログとして登録しているのですが、今回はカラーで失礼します。マレーシアサバ州の旗の色をお見せしたかったので。

 マレーシア最高峰、標高4095.2mのキナバル山に登ってきました。これで3回目の登頂となります。前回登頂した2014年の翌年、この地域ではめったに無い地震に見舞われ、日本の方1名を含む10名を越す登山客が落石などで命を落とされました。ご冥福をお祈りいたします。ちなみに地震のちょっと前に山頂で裸になった複数の欧米の女性登山者が居たそうで、地元では山の神の怒りに触れたとも言われているそうです。

 キナバル山登山は一言で言うと、すごくハードなハイキングです。一か所ロープの助けを借りて登るところがありますが、日本の山でいう鎖場や梯子、キレットなどのような危なげな場所はありません。標高1866.4mの登山口から山頂まで2228.8mを8.5㎞の道のり、つまり平均27%ぐらいの勾配をひたすら登り、そして降りるだけです。コース内では1~2㎞おきに水洗トイレのある休憩所があり、登山道も良く整備されています。標高3272.2mのところに宿泊施設がありそこで一夜を明かした後、未明より山頂を目指し、登頂後にこの宿に戻って朝食、その後下山します。入山は厳しく管理され、この宿泊施設の予約が取れ、山岳ガイドを雇った人しか登山口のゲートを通してもらえません。入山後は発行してもらったIDタグを常に首にかけておくことが求められます。ちなみに私が登った日の入山者は160人のみ。日本人は私たち夫婦2人だけでした。同じ世界遺産でも富士山とは大違いですね。

 ハイキングコースと書くと簡単なようですが、宿が近づく3000mを越えたあたりから足が前に進まなくなります。心臓はOK、筋力も大丈夫なのに、酸素が足りない。ものの100歩も歩くとゼーゼーいって動けなくなる。今回の写真は宿から少し登ったあたりですが、酸素が足りない状態でこの急勾配をヘッドライトの明かりを頼りにひたすら登り続けるのは結構大変です。この階段の後、ロープに頼る一番の難所があり、その後チェックポイントです。天候が荒れているとこのチェックポイントのゲートが閉鎖され山頂ルートに上がることはできません。また、時間制限があり、遅れた人も山頂ルートに入ることができません。

 キナバル山登山にご興味がある方はご連絡いただければいろいろと情報提供できますし、このブログでも共有するようにします。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : マレーシアサバ州キナバル山KinabaluSabah

ポートフォリオ No. 3: カラー風景 No. 10-18

ポートフォリオ No. 3: 風景 No. 10-18

Portfolio No.3 Color Landscapes No. 10-18
©wankana.com


 ポートフォリオNo.3 カラー風景の写真が18枚を超えましたので、10枚目から18枚目をコンタクトプリントの形でまとめておきます。志賀高原での写真をまとめて9枚も掲載した影響が大きいです。各記事には左の PF3: Color Landscapes からアクセスできます。

 このコンタクトプリントで6枚目から雰囲気が変わっているのは、それまでは1枚の写真として完結させようとしていたのに対し、6枚目からは組写真の中での視覚効果を狙ったからです。ですので、このように並べてしまうのは、ちょっと無理があるかもしれませんね。このあたりは、今後の課題にしたいと思います。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月


Color landscapes 15-23, Shiga Kogen, Japan 2021
©wankana.com

カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月A
探勝歩道、木戸池付近
SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)

カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月B
ひょうたん池
SONY α7R II + + Voigtländer COLOR-SKOPAR 21mm F4 P

カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月C
木戸池付近
SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)

カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月D
木戸池
SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)

カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月E
田ノ原湿原
SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)

カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月F
田ノ原湿原
SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)

カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月G
平床
SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)

カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月H
熊の湯ホテル
SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)

カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月I
丸池
SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)

 志賀高原でのカラー風景写真を9枚まとめていきます。志賀高原の写真は、これらでとりあえず一区切りにします。珍しく数が多いんですが、カラー写真だと、やはり個性が出せないように感じていて、、、組写真ならなんとかなるかな、と。

 ニコンの新型、Z 9 の詳細が明らかになりましたね。ようやく「これこれ」という物が出てきた感じです。もっとも、今の僕では体力的にこの大きさは持ち歩けないので、これらの要素技術を落とし込んだ Z 6III とか Z 5II とかをお願いしたいところです。

 やはりニコンは納得感のある最上位機を作りますね。逆に庶民的なモデルがイマイチなのは伝統か、、、。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : 志賀高原α7RIITAMRON28-200mmA071Voigtländer21mm

カラー風景14、志賀高原 焼額山付近、日本、2021年10月

カラー風景14、志賀高焼額山付近、日本、2021年10月

Color landscape 14, Shiga Kogen Mt., Yakebitai Japan 2021
©wankana.com
SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)


 志賀高原散策の二日目。山の中は小雨交じりの霧でした。初日のカラフルな写真もいろいろあるのですが、彩度高めは苦手なので、こんなところで。湿度を感じさせる淡い色合いも日本らしくて好きです。

 世間では旧型でディスコンになったα7RIIですが、僕にとっては新鋭機。こういうスクエアなデザインの写真機こそニコンに作って欲しかったと思うのは僕だけでしょうか。緑色の出方が少々違和感あり。いろいろいじっています。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : 志賀高原SONYα7RIITAMRON28-200mmA071

阿蘇山南麓、熊本県、日本 2015

阿蘇山南麓、熊本県、日本 2015

Mt. Aso, Kumamoto, Japan 2015
©wankana.com
Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


 二回目のマレーシア赴任で単身生活に入ってから4年目のころの写真です。海外生活が長くなると、日本の風景の美しさ、食べ物のおいしさが恋しくなります。海外は海外で良い所もたくさんありますが、そこはやはり日本人なので、美味しいお米を食べたいとか、メンチカツを食べたい、とか、ね。

 2015年、夏休みを取って一時帰国した際、妻と「そう言えば福岡に住んで長いのに、九州を旅行したことないね」という話になりまして。阿蘇山を見たいし、温泉宿に泊まりたいということで、黒川温泉に泊まって阿蘇山をぐるっと回る旅にでました。温泉は素敵でしたが、阿蘇山は深い霧の中。山容を望むことはできませんでした。写真は、確か、阿蘇山の南東あたり、霧に煙る針葉樹林帯です。

 やはりいいですね。日本の風景。

 純粋に楽しむための個人旅行でしたので、フルフレームデジタル写真機2台体制で行きました。安心のD800+AF-S 24-120㎜ F4 です。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : 熊本県阿蘇山NikonD80024-120㎜

尾瀬ヶ原、群馬県 2019

尾瀬ヶ原、群馬県 2019

Ozegahara, Gunma, Japan 2019
©wankana.com
Nikon 1 V2, 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6


 比較的最近、2019年7月末の写真です。鳩待峠から入り、山の鼻、ヨッピ吊り橋から竜宮を回って山の鼻に戻る日帰りコース。16 km ぐらいです。マレーシアからの一時帰国を利用したのでベストシーズンは過ぎていました。夏まっさかり。尾瀬ヶ原は太陽から逃げる場所がありませんから、とにかく暑かった。しかしオフピークの代償で御覧の通り、家族で尾瀬ヶ原を貸し切り状態です。娘たちに日本の素晴らしい自然を見せることができて良かった。

 小型軽量のニコン1インチシステムは、ハイキングにうってつけ。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : 尾瀬ヶ原至仏山NikonV110-100mm

ディンギー達のいる海、光市、山口県 2004

ディンギー達のいる海、光市、山口県 2004

Sailing dinghies on the sea, Hikari-shi, Yamaguchi, Japan 2004
©wankana.com
Nikon D100 + Nikkor AF VR 80-400mm F4.5-5.6D ED


 2004年7月の写真です。子供たちのヨット教室が開かれていました。波の穏やかな瀬戸内海ですが、海面に現れた風による模様が壮大ですね。自然の前では人は小さな存在ですが、知恵を絞って自然の力を利用し、発展してきました。人類は現在、地球規模の環境問題や、食料・水の問題、エネルギーの問題、はてはCOVID-19の脅威などにさらされていますが、英知を結集してこれらの難所を乗り切ってほしいと思います。もちろん、奢りを戒め、謙虚さを重んじることは、科学技術に携わる者としての基本だと考えていますが。

 ニコン最初の手が届くデジタル一眼レフだった D100 と、初代VR80-400ズームレンズです。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 海のある風景
ジャンル : 写真

tag : 山口県光市ヨットNikonD100VRZoom-Nikkor80-400

セキンチャン、セランゴール、マレーシア 2018

セキンチャン、セランゴール、マレーシア 2018

Sekinchan, Selangor, Malaysia 2018
©wankana.com
Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


 セキンチャンマレーシア最大の米どころです。写真は2018年6月ですから、ちょうど今頃の季節ですね。セキンチャンが位置するセランゴール州は、首都であるクアラルンプール特別行政区を取り囲んでいます。良く、高級磁器ウェッジ・ウッドなどと並んで販売されている、ピューター(スズ製品)のブランドである「ロイヤル・セランゴール」のセランゴールです。

 知り合いの実家がセキンチャンとのことで、案内してもらいました。地平線まで広がる果てしない田んぼが広がっていて、場所によって刈り取り済みだったり、たわわに稲が実っていたり。多毛作なのでいろいろな状態でした。田んぼの中にヤシの木が生えていたりして、日本の稲作地帯とはずいぶん雰囲気が違いますね。

 ちなみに、コンクリート造りの建物は、中華料理で有名な「ツバメの巣」を取るためのものです。岩場の洞窟に似せた作りとなっていて、近づくと、アマツバメの鳴き声をスピーカーで流していました。アマツバメを誘い込んで巣を作らせるのだそうです。ちなみに、「ツバメの巣」はツバメの巣ではなくアナツバメ(ツバメとは縁遠いアマツバメの一種)の巣で、唾液と羽毛などでできており、海藻を使うというのは俗説とのこと。

 写真を撮る目的で出かける時は、重たいD800を担いでいきます。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : マレーシアセキンチャンNikonD80024-120

ポートフォリオ No. 3: カラー風景 No. 1-9

ポートフォリオ No. 3: カラー風景 No. 1-9

Portfolio No.3 Color Landscapes No. 1-9
©wankana.com


 ポートフォリオNo.3 カラー風景の写真が9枚になりましたので、コンタクトプリントの形でまとめておきます。各記事には左の PF3: Color Landscapes からアクセスできます。

 ↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

80号線から見た日没、米国 2017

80号線から見た日没、米国 2017

Sunset view from ROUTE 80, U.S.A. 2017
©wankana.com
Nikon 1 V1, 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6


 サンフランシスコのダウンタウンと対岸のオークランドは国道80号の橋で結ばれています。写真はこの橋の上を走るバスの車窓から。写真は少し明るめに仕上げてますが、逢魔が時ぐらいの雰囲気って、なんか好きです。あと、鉄道の車窓から撮った写真とかもそうですが、近くの風景ほど流れている写真も結構好き。

 写真を始めてしばらくしたころ、自分の写真が平凡で妙につまらなく感じて、、、いろいろ考えて動きが感じられないからじゃないかと思い至ったことがあります。当時、写真界では「ブレボケ」が流行っていて写真雑誌アサヒカメラでもブレボケ特集を組んだりしてました。で、その流れに乗って、動きが感じられる写真ということで、わざわざ暗い夕方以降にブレた写真を撮ったりしたものです。今考えると、幼稚な発想で笑っちゃいますが。

 ブレボケ写真にも良いものがたくさんありますし、それを否定する気は毛頭ありません。多くの先人はいろいろ考え、感じ、そういった表現に行きついたのでしょう。でも、形だけまねてみても、単なるファッションで終わってしまう。ちゃんとそれを消化して、自分の物にしたなら良いのですが。で、ブレボケが自分らしいかと自問してみると、なんか違うかな、と、45年の写真人生を経て感じるようになりました。今回は部分的にブレている写真。これはこれでアリよりのアリかと。

↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村

テーマ : 海のある風景
ジャンル : 写真

tag : サンフランシスコNikonV110-100mm

最新コメント

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

プロフィール

Kanao

Author:Kanao
何度でも見返したくなるような写真を撮れるようになりたいと願っています。

好きな写真家は、Edouard BoubatSarah MoonHenri Cartier-BressonJeanloup Sieff、岩合光昭、Mary Ellen Mark、ハナブサ・リュウ、Edward Weston など。

リンクしていただける方はご自由にどうぞ。ご一報いただけると嬉しいです。なお、過去にトラブルを経験しており「相互リンク」のお約束はしておりません。


にほんブログ村に登録しております。PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ
リンク
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる